HOME > NEWS & TOPICS > 校内意見発表会・リーダーシップアワード授与式を実施

新着情報

校内意見発表会・リーダーシップアワード授与式を実施

2017年12月22日

自らの父親と野球への思いをわかりやすい言葉で発表した1位の渡部さん

自らの父親と野球への思いをわかりやすい言葉で発表した1位の渡部さん

学生会の主催による校内意見発表会が12月15日(金)に多目的ホールで行われ、全学生・教職員を前に、各クラス1名、計15名の学生が自由なテーマで熱弁をふるいました。

学生は、家族や趣味、部活動などをテーマに、自らの思いを時に真剣に、時にユーモアを交えて、表現豊かに発表しました。文化委員と教員が声の大きさ、態度、話の内容をポイントに審査した結果、1位には、渡部颯さん(電気電子工学科2年)「おれのおやじ」が選ばれました。2位はサバルサ佳慰さん(グローバル情報学科2年)「趣味と生活の充実」、3位は中野天音さん(グローバル情報学科1年)「十人十色」でした。

引き続いて、リーダーシップアワードの授賞式を行いました。リーダーシップアワードとは、学業成績に加えて、部活動、各種コンテスト、社会奉仕、地域貢献などで努力し、学校に貢献した学生をたたえ、10万円を支給する金沢高専独自の学業奨励金制度です。今年度は60名の学生に授与され、代表して機械工学科5年の東厚志さんがバークスデール校長から証書を受け取りました。

IMG_6518

2位のサバルサさん

IMG_6565

3位の中野さん

IMG_6641

リーダーシップアワード証を代表して受け取った東さん