HOME > NEWS & TOPICS > 大地震を想定し避難訓練を実施しました

新着情報

大地震を想定し避難訓練を実施しました

2017年11月27日

避難場所に集合し教員の点呼を受ける学生

避難場所に集合し教員の点呼を受ける学生

Earthquake disaster drill conducted

KTC carried out an earthquake disaster drill on Friday, November 24th.

When the earthquake announcement was made at 3:20 pm, students took shelter under their desks. After that, students for each department lined up and evacuated the school building and gathered in the Plaza in front of the school entrance. It took 6 minutes 54 seconds for all the students to leave the building. President Lewis Barksdale urged the students to move quietly so that they can hear various instructions when a disaster actually happens and to think about their own safety first and their friends and belongings later. He also told students that ensuring each one’s safety leads to everyone’s safety.

大地震を想定した避難訓練を11月24日(金)に全校で実施しました。

午後3時20分に大地震発生の放送が流れると、学生はいったん机の下などに避難した後、クラスごとに列をつくって順に校舎の外へと避難を始めました。全員が1階玄関前のプラザに集合し、点呼が終了するまでの時間は、6分54秒でした。 ルイス・バークスデール校長は、「実際に災害が起こった時は、いろんな指示があるかもしれないので、静かに移動するように。仲間や持ち物の安否は後で考えることにして、まず自分を守ることを第一に行動すること」と、それぞれが自分の身の安全を確保することが、全員の無事につながることを示唆しました。

IMG_6410

列を作って一斉に避難しました

IMG_6417

講評するバークスデール校長