HOME > NEWS & TOPICS > 中学校・塾対象の学校説明会を開催しました

新着情報

中学校・塾対象の学校説明会を開催しました

2017年10月26日

中学校教員の皆さんに国際高専の目指す教育を説明するバークスデール校長

中学校教員の皆さんに国際高専の目指す教育を説明するバークスデール校長

ICT invited junior high school teachers and private-tutoring school teachers/private tutors to ICT information sessions.

47 teachers from junior high schools in Ishikawa visited KTC on October 18th.

They observed classes and had a look around the school. President Lewis Barksdale gave a speech and talked about the vision of ICT. He said, “In order to produce leaders of global innovation, we are beginning an educational program to provide students with the ability to produce new knowledge and new technologies. For this in addition to acquiring the knowledge, skills, and insight of creative engineers, they must be able to collaborate effectively with people of diverse cultures and backgrounds from around the world.” Vice President Mamoru Mukai explained about various ICT topics; student housing, studying abroad in New Zealand in their 3rd year, STEM in English, and Engineering Design education. He also explained about the entrance examination schedule and procedures. Participants concentrated on taking notes.

On 19th, ICT also invited private-tutoring school teachers and private tutors to an ICT information session. 36 teachers participated. On the both 18th and 19th, participants asked questions about student career path after graduation, collaboration with KIT, and entrance examinations. They developed a better understanding of what ICT will be.

 

中学校教員の皆さんをお招きし、学校説明会を10月18日(水)に合同講義室で開催しました。毎年恒例のプログラムで、石川県内の中学校長や進路指導教員の方など47名が参加しました。

当日は授業公開を実施し、参加者には自由に校内を回って授業を見ていただきました。説明会はルイス・バークスデール校長のあいさつで始まり、「グローバルイノベーションのリーダーの育成に向けて、新しい知識、新しい技術を生み出すための教育が始まる。エンジニアとしての洞察力と知恵を備えるだけでなく、世界中の人々と協働できる学生を育てたい」と、来年4月から始まる国際高専のビジョンを語り、中学校教員の理解と支援を求めました。続いて、向井守副校長が、1、2年次の全寮制、3年次の全員ニュージーランド留学、理数工科目を英語で学ぶことや独自の「エンジニアリングデザイン教育」によってイノベーションを起こす力を養うことなど、国際高専の学びの特色を紹介し、平成30年度の入学試験について説明しました。参加者は本校のアドミッションポリシーや入試スケジュール、試験の要領などについて熱心にメモをとっていました。

また、19日(木)には学習塾対象の学校説明会を実施し、塾経営者や講師の方など36名が参加しました。両日とも、卒業後の進路や金沢工業大学との連携、入学試験の具体的な内容について多くの質問が寄せられ、生まれ変わる金沢高専への理解を深めようとする姿勢がうかがわれました。