HOME > NEWS & TOPICS > 第13回関数グラフアート全国大会で丸山菜摘さんが最優秀賞

新着情報

第13回関数グラフアート全国大会で丸山菜摘さんが最優秀賞

2017年9月4日

最優秀賞に輝き、笑顔を見せる丸山さん

最優秀賞に輝き、笑顔を見せる丸山さん

Natsumi Maruyama (3rd year) from the Department of Global Information and Management won the Grand Prize in the 13th Function Graph Art National Contest.

On August 26th, the contest was held at the Tokyo University of Science. The rules of this contest require students draw pictures such as circles, lines, and parabolas using function graphs. Judges evaluate how artistic the pictures are and how well they use function graphs. First, students imagine the pictures they will draw and think about the kinds of function graphs needed to draw the pictures. If the pictures are complex, they would have to draw many graphs, and it requires patience.

There were more than 1,000 entries from students in junior high schools, high schools, and technical colleges throughout Japan and 10 of them were chosen to compete in Tokyo in the final stage.

Natsumi Maruyama drew a Kotoji-toro, a stone lantern, at Kenroku-en Garden in Kanazawa, wet from rain. She drew total of 50 function graphs, using 4 different kinds including trigonometric functions, and absolute value functions. She gave a confident presentation to the judges in the final stage.

Last year, Haruka Miyakoshi, a KTC student won the contest. It was a great accomplishment for a KTC student to win the contest for the 2nd year in a row.

8月26日(土)に東京理科大学で第13回関数グラフアート全国コンテストのカンファレンスが行われ、グローバル情報学科3年の丸山菜摘さんが最優秀賞に選出されました。

関数グラフアートとは、円や直線、放物線といった関数で表されるグラフを組み合わせて描く作品(絵)です。コンテストでは、関数の使い方のうまさ(数学力)と、美しさ(芸術性)が評価のポイントとなります。制作者は、まずどのような絵を描くかをイメージし、それを表現するためにはどんな関数が必要かを考えていきます。絵が複雑になるほど、必要な関数も増えて工夫が必要となることから、根気のいる作業となります。

同コンテストには全国の中学校、高校、高専から1000点以上の応募があり、1次審査を25点が通過し、2次審査で優秀作品10点が選出されました。丸山さんは、金沢市の名所である兼六園のシンボル・徽軫灯籠(ことじとうろう)がしっとりと雨に濡れるさまを、三角関数や絶対値関数など4種類の関数を計50個用いて表現し、審査を突破。カンファレンスでは8分間の持ち時間で堂々とプレゼンテーションし、最優秀賞に輝きました。

同コンテストでは昨年も金沢高専生が最優秀賞を受賞しており、2年連続の快挙となりました。

IMG_2975

作品について工夫した点などをプレゼンテーション

ポスター

丸山さんが作成した発表用ポスター