HOME > NEWS & TOPICS > 白山のイルミネーション取り付けボランティアに学生32名が参加

新着情報

白山のイルミネーション取り付けボランティアに学生32名が参加

2017年7月26日

七色のイルミネーションが点灯すると、周囲は歓声に包まれました

七色のイルミネーションが点灯すると、周囲は歓声に包まれました

32 students volunteered for an illumination project in Hakusan City.

32 students and 4 staff helped in placing about 20,000 LED lights in Hakusan IchirinoOnsen Ski Resort on Saturday July 22nd.

Participants divided into groups and assembled lights. After that, they put them one by one onto chains attached to piles. The piles are driven into the ground of approximately 15,000 square meters.

When sunset came, sensors worked and lights started to glow. 7 fantastical colors of the “Hikarino Zenjodo Trail” glowed like they were floating. The lights gradually changed color to aqua, green, and white.

Another 10,000 LED lights will be placed by August 5th.They will light up 4 hours after sunset every day until September 30th.

 

 

7月22日(土)、白山市の白山一里野温泉スキー場周辺をLEDで彩る市のイルミネーション事業「灯りでつなぐ1300年」の準備作業に、金沢高専学生32名と教職員4名がボランティアで参加し、約2万個のLEDの設置を手伝いました。

参加者はグループに分かれてライトを組み立てると、ゲレンデ内の約1万5千平方メートルの範囲にくいを打ち込んで設置したチェーンに1つずつ取り付けていきました。日没になるとセンサーが作動してライトが点灯し始め、7色の幻想的な「光の禅定道」が浮かび上がりました。光は徐々に色を変え、青緑、青、白の3色に変化し、それぞれの美しさを楽しめます。

イルミネーションは8月5日までに残り1万個を設置し、9月30日まで毎日、日没後に約4時間点灯します。

DSC02814

地域の体育館でライトを組み立て

DSC02822

暗くなると光るLED

DSC02839

チェーンにライトを取り付けるボランティアスタッフ

DSC02851

約2万個のライトが取り付けられました

DSC02859

ボランティアに参加した学生と教職員

DSC02866

手取川をイメージした青のイルミネーション