HOME > NEWS & TOPICS > 新たなモノづくりの拠点「チャレンジラボ」が開館

新着情報

新たなモノづくりの拠点「チャレンジラボ」が開館

2017年7月5日

テープカットするバークスデール校長(右端)と東さん(右から2人目)

テープカットするバークスデール校長(右端)と東さん(右から2人目)

A center for creating things “Challenge Lab” opened in the building 26.

President Lewis Barksdale and the student council president Atsushi Higashi cut the tape at the opening ceremony.

“Challenge Lab” is equipped with 3D printers and laser cutters. These machines allow students to prototype their ideas easily. This place is suitable for “Agile type” development which requires continuous improvement in a short period of time.

“Challenge Lab” is expected to provide opportunities to foster innovation where students and teachers collaborate, inspire and motivate each other, and bring their ideas and skills, transcending borders between generations and disciplines.

学生がアイデアをカタチにできる新しいモノづくり空間「チャレンジラボ」が、金沢工業大学26号館1階にオープンし、ルイス・バークスデール校長、東厚志学生会長がテープカットに参加しました。

チャレンジラボは、3月に移転した夢考房26の跡地に新たに整備されました。3Dプリンターやレーザーカッターなどを利用して、発想したアイデアをプロトタイプとして手軽に形にできるため、「アジャイル型」と呼ばれる、短い期間で開発を繰り返し、精度を高めていくモノづくりを実践するのに適しています。

世代や分野を超えて学生、教員らが集い、互いに刺激を与えながら、知恵や技術を出し合ってイノベーションを起こしていく場所となることが期待されます。