HOME > NEWS & TOPICS > 石川県高校総体 バドミントンで1年生が健闘

新着情報

石川県高校総体 バドミントンで1年生が健闘

2017年6月7日

バドミントン男子シングルスで3回戦まで進んだ木下さん

バドミントン男子シングルスで3回戦まで進んだ木下さん

Goshin Kinoshita (1st year) from the Department of Electrical and Electronic Engineering did well in the Inter-High School Championship of Ishikawa prefecture.

He won his first and second round games in the badminton tournament. Although he lost in the 3rd round, he did well for a 1st year student.

1st through 3rd year students from KTC who belong to sports clubs took part in the championship.

Kenshuu Yamaguchi (3rd year) from the Department of Electrical and Electronic Engineering won the championships in trampoline class B.6月1日(木)~4日(日)にかけて石川県高等学校総合体育大会(高校総体)が県内各地を会場に行われ、金沢高専からも1~3年生の運動部員が出場しました。

金沢市総合体育館で行われたバドミントン競技では、電気電子工学科1年の木下豪心さんが1回戦で尾山台高校、2回戦で羽咋工業高校を破り、3回戦進出を果たしました。3回戦で石川高専に敗れたものの、1年生ながら健闘しました。団体戦でも加賀高校を下して1回戦を突破しました。

また星稜高校体育館ではトランポリン競技が行われ、電気電子工学科3年の山口兼宗さんがBクラスで優勝しました。

CIMG3286

1回戦を勝った団体戦