HOME > NEWS & TOPICS > 交通安全講習会 警察官が学生に自転車の安全な乗り方を指導

新着情報

交通安全講習会 警察官が学生に自転車の安全な乗り方を指導

2017年4月21日

自転車の安全運転を呼び掛ける渡辺氏

自転車の安全運転を呼び掛ける渡辺氏

A police officer held a traffic safety seminar for students to learn about the risks of riding a bike.

KTC invited officer Watanabe from the Kanazawa Naka Police Station as a lecturer.

He urged students to wear helmets and not to go too fast. He also urged them to avoid accidents.

He mentioned the necessity of conducting periodic inspections of bike and being insured.

He said, “If you violate traffic rules, such as ignoring a traffic signal or looking at the smartphone while you ride a bike, you may have to take bike lessons. Please be aware that bikes are like cars, so ride safely by following the rules.”

Many students go to KTC by bike and were interested in what officer Watanabe had to say.

石川県警察金沢中警察署交通第一課の渡辺拓也氏を講師に招き、全学生を対象とした交通安全講習会を4月14日(金)に多目的ホールで実施しました。

講習の内容は主に自転車に関するもので、多くの学生が通学に自転車を使用しているため、身近な問題として関心をもって聴講している様子でした。

渡辺氏は自転車に乗る際にはヘルメットを着用したり、スピードを出し過ぎないことなどを呼び掛け、事故の被害者や加害者にならないよう注意を促しました。また、自転車の定期点検と保険の必要性に触れ、自転車安全整備士が点検整備すると貼付される「TSマーク」を紹介し、万が一に備えることを勧めました。また、「信号無視やスマホを見ながらなど、危険な行為で違反があった場合、自転車運転者講習を受けなければならない可能性がある。自転車は車と同じ軽車両であることを意識し、ルールを守って安全運転してほしい」と呼びかけました。