HOME > NEWS & TOPICS > 創造設計Ⅲ 企業から審査員招き技術審査

新着情報

創造設計Ⅲ 企業から審査員招き技術審査

2017年2月17日

審査員を前に緊張した様子で改善提案内容を発表する学生

審査員を前に緊張した様子で改善提案内容を発表する学生

Creative Design Ⅲ class: Engineers from Local Companies Evaluated Students’ Presentations

3rd year students from the Department of Mechanical Engineering built line tracer cars in Creative Design Ⅲ class. Line tracer cars are robots which follow a black line drawn on the floor. The cars do this via a built- in sensor.

Students first checked cars built by students last year, found problems, and suggested ways to improve them. Students learned how the robots move and their structures through designing, drawing, and processing the robot cars. On Wednesday, February 15th, they gave presentations about how they solved these problems and answered questions from judges.

Teachers from Mechanical Engineering Department, Yumekoubou engineers, and 2 technical managers from Hakko Electronics Co., Ltd. and NOTOALLOY Co.,Ltd. attended the presentations and served as judges. Each student gave a 3 minute presentation. After their presentation, they listened to judges’ evaluations and advice carefully.

 

機械工学科3年生が受講する「創造設計Ⅲ」の技術審査会を、2月15日(水)に多目的実験室Ⅱで実施しました。

審査員には機械工学科教員、夢考房技師のほか、発紘電機(株)、(株)ノトアロイから企業のものづくり現場で活躍されている現役の技術マネージャー2名を招きました。

創造設計Ⅲでは、床面に描かれた黒い線をセンサーで追いかけながら走行する自動車型のロボット・ライントレーサーの製作に取り組んでいます。学生は前年度の3年生が作ったライントレーサーを検証するところから始め、不具合を修正する改善策を提案。設計、製図、加工を通してロボットの構造や動作の仕組みについて学び、ものづくりの工程を一通り体験します。

技術審査は1人3分の持ち時間で行われ、学生は各自が取り組んだ課題、改善案、対策をした結果について発表した後、審査員からの質問に答えました。ものづくりの現場で働く技術者の方を前に緊張した様子を見せつつも、一人ひとり1年間の取り組みを報告し、審査員の評価やアドバイスを真剣な表情で聞いていました。

来年度はさらに高度な技術の修得を目指し、「創造設計Ⅳ」に取り組みます。