HOME > NEWS & TOPICS > ルイス・バークスデール校長 年頭のごあいさつ

新着情報

ルイス・バークスデール校長 年頭のごあいさつ

2017年1月12日

 新年あけましておめでとうございます。2017年が皆さまにとって輝かしい1年となりますことを心よりお祈りいたします。

 金沢高専では昨年も、多くのできごとがありました。まず、金沢工大とともに実施してきたラーニングエクスプレスが、朝日みらい教育賞のグローバル賞を受賞し、大きな喜びに包まれました。また、シンガポール工科大学が5校目の海外提携校に加わり、玉田工業、別川製作所と協力協定を結ぶなど、外部との協力関係が一段と強化されました。夏には北陸地区高等専門学校体育大会でハンドボール部が2連覇して全国大会に出場し、ソフトテニス部も団体優勝しました。高専ロボコンでは3年連続全国大会出場を果たすなど、学生の活躍もめざましいものがありました。そして、昨年、私たち高専教職員、学生が最も感激し厳粛に受け止めたできごとといえば、11月7日に白山市の旧尾口村で行われた白山キャンパスの地鎮祭ではないでしょうか。この儀式は、生まれ変わる本校に対する私たちの意欲と情熱を、最高潮へと高めてくれました。

 さて、2014年春に、私たちは「金沢高専2020Vision」を発表しました。それから約3年が過ぎ、2020年まであと3年となりました。現在は、2018年に始まる新しいフレームワークの準備の真っ最中であり、金沢、ニュージーランド、そして白山の3つのキャンパスにまたがる、真のグローバルイノベーターの育成に向かって進んでいます。

 年の初めに際し、この目標の達成に向けて、3年前に掲げた約束とビジョンを再確認したいと思います。

 2020Visionでは、5つのことを約束しました。

① 学生個々の「人間形成」を第一義とする。

② イノベーションを起こす人材の卵を育てる。

③ グローバル人材の育成

④ 金沢高専・金沢工大・大学院の進学コースの再構築

⑤ 魅力ある学校づくり

 2018年から始まる私たちの計画は、この2020Visionをどのように前進させるのでしょうか。

 1つめの約束は、学生個々の人間形成です。私たちは、学生に身につけてほしいリーダーシップの資質を次のように明確に示しました。

・信念を持って行動し、失敗に臆することなく粘り強く挑戦し続け、自身やチームを成功へと導くことができる

・地域社会や自然環境に関心を抱き、使命感を持って社会的な課題を解決しようとする

・グローバルな環境でリーダーシップを発揮しつつ、謙虚さを忘れず他者への敬意と思いやりを持つ

 このような資質を育成するために私たちは、挑戦をしっかりとバックアップする学校コミュニティーをつくり、教職員が模範を示して指導し、さらに、人文科学や芸術といった教養を備えさせることで、自身や社会、自然、そして世界への理解を深めるよう導きます。

 2つめの約束は、イノベーションを起こす人材の育成です。イノベーションを起こすリーダーとは、幅広い学問領域を探求しデザイン思考を実践して、これまでにない価値を創出できる人のことです。その育成には、科学技術について自然・社会・産業の面から理解・分析し、自分の考えを持つことが必要です。また、学び続けて、常に新しい知識・スキルを獲得する姿勢も大切になります。私たちは、広く多くの学問領域にわたって学び、多角的な視野で問題を理解し、発見する機会を学生に提供します。イノベーションと学習は、ともに試行錯誤の中で行われるということを、学生は理解していくでしょう。

 学び、問題を解決し、研究し、デザインするにあたっては、避けることができないステップとして失敗を伴います。私たちはリスクを恐れず、失敗を歓迎し、評価します。さらに、自らの役割と、提供できる価値を認識し、チームで協力して目標を達成する力を育てます。

 3つめの約束は、グローバル人材の育成です。私たちの計画では、科学、工学、ビジネスの分野について、世界レベルの会話に参加できるイノベータ―を生み出すために、指導手段として英語の利用を大幅に増やします。さらに、さまざまな背景、文化、価値観を持った人々を理解し、共に働くことができると同時に、自分の明確なアイデンティティーを学生に自覚させることを目指します。

 4つめの金沢高専・金沢工大・大学院の進学コースの再構築は、私たちの「5+4構想」に具体化されています。新たに設置する国際理工学科は、イノベーションの真のリーダーとなるための大学および大学院進学に向けて、強固な基盤となります。新しいカリキュラムの主な要素は、高専1年次から修士レベルまでずっと継続できるようになっています。理工学を英語で学ぶことや、デザインシンキングを取り入れた課題解決型の教育、地域社会に貢献するという使命感を持って研究に臨む姿勢などが、そこには含まれています。

 最後に、私たちは、学生はもちろん、教職員にとっても、魅力ある学校と生き生きとしたカラフルな学生生活をつくろうと約束しました。これを実現するために、学校コミュニティーは、メンバーが新しいことに挑戦する時に、あたたかく見守りながらサポートする場所であるよう努めなくてはなりません。デザインシンキングの原理に基づきOpen-endedな課題について解決策を探るプロジェクトに取り組むことも挑戦といえるでしょう。

 教育とは、知識を蓄積するものではなく、つくり出すものです。最も重要なのは、自ら学ぶべき目標を立て、社会に果たすべき使命を持つ、その自由と責任を学生に与えることなのです。

 私たちがこれらの目標を見すえつつ、学生をサポートするための施設や組織、方向性を考えるなら、そして教育者に求められる知識とスキルを修得しようと一心に努力するなら、私たちは真の国際高等専門学校になることができるでしょう。

 

In the spring of 2014 we announced our “2020 Vision,” the components of our mission: To foster creative innovators who can collaborate with others to positively contribute to today’s global world. Nearly three years have passed since then; that is, half of the six years from then until 2020. We are now in the midst of preparing the new framework which, beginning in 2018, will move us toward educating truly global innovators in a partnership involving three campuses in three cities. At the beginning of this new year, it is time to renew our commitment to these goals and to reaffirm our vision.

In our 2020 Vision we list five promises:

1. Character formation for each student is our most important goal.

2. We will foster innovators of the future.

3. We will produce graduates who are globally aware and competent.

4. We will strengthen integration of the curricular path from KTC, through KIT, to the Graduate Programs.

5. We will make school life at KTC even more attractive and fulfilling.

How does our plan for 2018 carry forward our 2020 Vision?

For the first promise, giving top priority to building up each student’s character, we have defined the leadership characters we want to instill:

・Ability to act with strong conviction (motivation and tenacity), to continue to strive without fear of failure, in order to lead oneself  or a team to success

・A personal interest in and concern for the local community and natural environment, and a mission to solve social problems

・Ability to exhibit leadership in a global context with sincere respect and compassion for others

In order to foster these characters, we will strive to form a challenging but supportive school community, to lead by example, and to foster a deep understanding of self, human society, and the world through engagement with the humanities and the arts.

The second promise is to foster innovators of the future.

A leader of innovation is a person who can create new value by exploring a wide range of academic fields and practicing design thinking. A leader of innovation understands and analyzes science and technology from the aspects of nature, society, and industry, and forms his own ideas. An innovator continues to search and learn in order to constantly acquire new knowledge and skills.

We will provide opportunities to learn across many academic disciplines, to allow students to understand problems and discover opportunities from a multifaceted perspective. We will recognize, and help our students recognize, that innovation and learning are both carried out by trial and error.

In learning, solving problems, carrying out research, and designing, failure is an unavoidable part of the process. We are not afraid of risks. We welcome and appreciate failures. We will nurture students’ collaborative skills, fostering the ability to recognize their own role and the value they can contribute, to achieve the goals of a team.

The third promise is to foster global human resources. Our plan is to substantially increase the use of English as a medium of instruction in order to produce innovators who can participate in the world-wide discourse of science, engineering, and commerce. Further, we aim to give our students a clear sense of their own identity while being able to understand and work with people of diverse backgrounds, cultures, and values. To provide ample opportunities to achieve this, we will create a diverse and international school community.

The fourth promise, to integrate the educational path from KTC, through KIT, to the Graduate Programs., is embodied in our “unified 5+4 program” in which KTC’s Department of Science and Technology will provide the firm but broad foundation for continuing on to university and graduate school in order to become a true leader of innovation. Key elements of the curriculum that are introduced from the first year will be carried through to KIT’s masters programs. These include the use of English in science and engineering courses, the emphasis on design thinking and  collaborative approaches to innovative technical solutions, and the mission to focus research in ways that contribute to the local region and community.

Finally, we promised to increase our efforts to provide a varied and fulfilling school life for students, of course, but also for teachers and staff. To make this possible, we must strive to achieve a warm and nurturing school community which supports its members as they take on new challenges. Challenges will include many opportunities to  carry out projects that involve finding solutions for open-ended problems based on the principles of design thinking. We will also ensure that the educational process is not one of accumulating knowledge but of creating knowledge. Most importantly, we will strive to give our students the freedom and responsibility to choose their own educational goals and formulate their own personal mission.

If we can keep our eyes focused on these goals as we put in place the facilities, organizations, policies to support them, and dedicate ourselves to gaining the knowledge and skills we need as educators to implement them, then we will truly become the International College of Technology.