HOME > NEWS & TOPICS > KOSENセキュリティ・コンテスト2016 金沢高専がA部門2位

新着情報

KOSENセキュリティ・コンテスト2016 金沢高専がA部門2位

2016年12月22日

好成績を残した「Sandbox」のメンバー

好成績を残した「Sandbox」のメンバー

Students from KTC won 2nd prize in the Kosen Security Contest 2016 in the A Section.

The team “Sandbox” consisted of Hiroki Nishino (4th year), Kento Yamagata (4th year), Kazuhiro Seida (3rd year) from the Department of Global Information and Management and Kentarou Kondo (2nd year) from the Department of Global Information Technology.

The contest is the first system security contest held by Kochi National College of Technology for technical college students.

35 teams from all across Japan participated in the contest online and controlled IoT devices and fixed IoT vulnerabilities.

「KOSENセキュリティ・コンテスト2016」が11月27日(日)に高知高専(高知県南国市)で開催され、金沢高専の西野裕貴さん(グローバル情報工学科4年)、山形健斗さん(同)、清田和寛さん(同3年)、近藤健太郎さん(同2年)の4名でつくるチーム「Sandbox」が出場し、A部門で2位に輝きました。

コンテストは高知高専が「情報セキュリティ人材育成事業」の一環として全国の高専生を対象に実施した初めてのセキュリティコンテストで、全国から24高専35チームがオンラインで参加し、IoTデバイスの制御や脆弱性を修正する問題に挑みました。

Last May, Hiroki Nishino won the Ministry of Economy, Trade and Industry Award in the 11th Information Risk Management contest.

なお、西野さんは5月に行われた情報危機管理コンテストでも福井大学院生、沖縄高専生との混合チームで勝し、経済産業大臣賞を受賞しています。