HOME > 学校案内 > よくある質問

学校案内

よくある質問

  • 高校と高等専門学校(高専)との違いは何ですか?

    高専とは、高校と同じく中学校を卒業して入学する学校です。高校と違い学ぶ期間は5年間で、将来エンジニアになることをめざし、高校で学ぶことに加え、工学や情報系の専門分野が学べます。授業は入学当初から目標分野の専門科目と一般科目で組まれ、高度な専門能力とともに一般教養も十分に身につきます。工業高校では実務に必要な実践的専門技術を勉強しますが、高専では、開発現場で必要とされる専門技術と理論を学びます。金沢高専では、グローバル社会で活躍するエンジニアを育成するため、専門教育に加え外国人教員による英語教育にも力を注いでいます。コミュニケーションの授業はもちろんのこと、専門科目も段階的に英語で学びます。卒業後は、推薦で大学に編入学できる制度がありますので、高校生のように受験勉強に時間を割くことなく進学できます。また、学生一人あたりの求人倍率も高く、上場・大手企業への就職も盛んです。

  • 学費はいくらかかりますか?

    1~2年次は月額43,500円、3年次は月額60,500円、4~5年次は月額99,500円になります。
    その他、入学金60,000円、委託会費(育友会、学生会費、同窓会入会積立金)月額3000円があります。

  • 奨学金はありますか?

    学費の負担を軽減する方法として、奨学金制度を利用する方法があります。現在、日本学生支援機構と石川県からの奨学金があります。平成28年度においては、27名の学生が日本学生支援機構から、79名の学生が石川県からの奨学金を受けています。また、本校の特待生制度として「リーダーシップアワード」があり、毎年60名ほどの学生に奨学金が給付されています。

  • どんな制服ですか?

    デザイナー花井幸子によるシックで洗練されたデザインです。 ネクタイとリボンはストライプとえんじの2パターン、カーディガンやベストもあり、組み合わせでお洒落を楽しむことができます。 4年次からは私服になります。

  • 学生寮はありますか?

    家が遠くて自宅通学のできない学生には、民間経営による金沢高専指定の学生寮や学生アパートがあります。主室が11畳というゆったりとした間取りのものや、栄養バランスの良い夕食付きなど、さまざまなタイプがあり、1部屋40,000円台が標準的な家賃です。また、アパートの周辺にはスーパーやコンビニなどがあり、便利で住み心地のよい生活環境が整っています。

  • 就職状況はどうですか?

    開校以来、金沢高専の就職率は100%です。
    近年では、就職を希望する学生の約8割が県内外の上場・大手企業に就職しています。
    学生一人当たりの求人倍率は平成25年度は18.4倍と高い水準を維持しています。
    経済状況が悪い中でも就職に不安がないのが金沢高専の強みです。

  • 金沢工大へ編入学できるのですか?

    進学を希望する学生は、金沢工大3年次に推薦で編入学できる制度があります。ただし、希望する学科が出身学科と異なる場合は、2年次への編入になります。金沢高専での学業成績が中位であれば、十分に推薦資格認定試験を通過できます。

  • 他大学へ編入学できるのですか?

    金沢工大以外の国公立・私立大学へ進学する場合も、推薦で3年次編入学が可能です。海外の大学に進学する学生もいます。

  • 入試方法について教えてください。

    面接による推薦入学試験と学力検査および面接による一般入学試験を行っています。推薦入試で合格内定とならなかった場合、一般入試で再受験することが可能です。

  • 高校から4年次へ編入学できますか?

    高等学校に在籍し、志望する学科に関連する科を卒業見込みなど、指定の条件を満たし、学校長による推薦を受けていれば出願可能です。入学試験についての詳細は、入試情報の募集要項をご覧ください。

  • どんな資格が取れますか?

    金沢高専では、電気、機械、情報に関する専門的な資格のほか、TOEICや英検など英語関連の資格、ビジネス関連の資格などさまざまな資格の取得を支援しています。
    「自己開発センター」で資格取得のための講習会なども行っています。

  • ロボコンにはどうやって参加するのですか?

    夢考房のロボコンプロジェクトに所属したり、5年次の卒業研究で取り組んだりする場合が多いです。

  • インターハイなど高校生の大会に出場できますか?

    1~3年生の間は、高校生の大会に出場することができ、インターハイをめざすことも可能です。4、5年生は、全国高専体育大会など高専生の大会や大学、一般の大会に出場することができます。