International College of Technology, Kanazawa

HOME > News >白山麓キャンパス内部イメージ

白山麓キャンパス 国際高専校舎内イメージ

国際高専の1、2年生が全寮制で学ぶ白山麓キャンパス。高さ、平面ともにゆるやかな曲線を描いた校舎は、大地が隆起したイメージとなっており、大自然との調和を表しています。学生が一日の中で一番長い時間を過ごす普通教室は、従来型の教室とは違い、のびのびとした吹抜の空間。廊下側はガラス壁とすることで開かれた教室になります。

学生が講義を受ける校舎棟2階のイメージ

学生の学習・生活における中心的な空間となるのが「Library and Work Commons」です。扇ヶ丘キャンパスのライブラリーセンターと連携したサテライト図書室としての機能はもちろんのこと、少人数学習、個人学習、グループ学習のために多様な空間を用意。学生は24時間いつでも自由に利用できます。また、白山麓キャンパスの動線はすべての学生、教員、地方創生研究所の利用者が Library and Work Commons を通過するよう計画され、新たな出会いと活発な交流からイノベーションが生み出されることが期待できます。内装材には木材を活用しており「温かみ、柔らかさ、落ち着き」が感じられ、長時間いても心地よい空間を創り出しています。

図書コモンズ

Library and Work Commons

「Living Commons」は、キッチンも併設された自由に過ごせる共同リビングです。コミュニケーションを促す場でもあり、本を読んだりしながらゆったりくつろげる空間です。

living commons

Living Commons

PAGETOP