International College of Technology, Kanazawa

Education 5年間の学び

HOME > Education

Education Leaders of Global Innovation

By providing a variety of learning environments, we will give students opportunities to tackle a wide range of increasingly complex problems. Students will spend their first two years of technical college at a new campus which we are building in the foothills of Hakusan, historically one of the most famous mountains in Japan. Students spend their 3rd year in New Zealand. After completing their New Zealand Studies, they will study at our Ogigaoka Campus during their 4th and 5th year. After that, students can choose to transfer to Kanazawa Institute of Technology and spend study further at Ogigaoka Campus and can then complete their bachelor's degree and advanced degree at Yatsukaho Research Campus.
The different advantages of each location meet the needs at each stage of the program to maximize educational opportunities for our students.

Opening April, 2018: Hakusan Campus.

Opening April, 2018: Hakusan Campus.

Learning at ICT

Intensive Japanese Language Instruction for International Students

Intensive Japanese Language Instruction for International Students

After You Graduate

Our Five Year Program will provide a sure foundation for a rich variety of career opportunities.
Many career paths will be possible. Going into industry immediately after graduating from ICT is one option. Transferring to a university in Japan and going to a university oversees is another. Choosing the 5 + 4 path and transferring to KIT as a junior makes it possible to continue learning at a more advanced level.

Recent graduates have gone on to attend:

  • Kanazawa Institute of Technology
  • Kanazawa University
  • Toyama University
  • Toyohashi University of Technology
  • Nagaoka University of Technology
  • Saint Michael's College
  • Rochester Institute of Technology
  • Washington State University
  • Northeastern University

Recent graduates have gone to work at:

  • Daikin Industry
  • Canon
  • Toray Industries
  • Fujitsu
  • Kyocera
  • Daihatsu Motor
  • Honda Motor
  • Subaru
  • West Japan Railway
  • Tokai Japan Railway
  • Yamaha Motor Electronics
  • Komatsu

2018年4月、金沢高専から国際高専へ
15歳からの新しい高等教育
日本初の理工系リベラルアーツ

自然豊かな白山のふもとに新たに白山麓キャンパスを開設
新たな価値を創造するグローバルイノベーターの育成を目指す

1、2年次は白山麓で全寮制教育を行い、授業の多くを英語で学びます。
3年次は全員ニュージーランドへ1年間留学、4、5年次は金沢工業大学(KIT)と共同で学修・研究を深めます。

国際高専の5年間

白山麓キャンパスで学ぶ

白山麓キャンパスで学ぶ

ニュージーランドへ留学

ニュージーランドへ留学

大学生と一緒に学ぶ

大学生と一緒に学ぶ

グローバルイノベーターに向けた教養教育

グローバルな社会で活躍するための教養として、歴史・文化、人間の行動・思考への認識を深め、生き方や豊かな知的活動を行う態度を育みます。さらに、アート科目において音楽や劇などを織り込み、発声法やリズム感などを学び、芸術的センスや美意識を養うことで、モノやアイデアを絵やカタチに表す表現法を体得します。これらによってダイバーシティ(多様性)の中で成長できる素養を磨きます。

カリキュラムの中心「エンジニアリングデザイン教育」

積み上げた知識を元に課題解決をするだけではなく、様々な価値観の中で新たな価値の創出を目指すのが「エンジニアリングデザイン教育」です。ユーザーの行動や気持ちを感じとり、そこから新しいサービスやモノを生み出す 「デザインシンキング」を用いて、これまでの常識にとらわれない思考を育み、イノベーションの創出に挑みます。

エンジニアリングデザイン教育

科目

エンジニアリングデザイン

エンジニアリングデザイン

変化するスピードへ対応する、先端的な科学技術を駆使したアジャイル型のモノづくり開発を実践します。

エンジニアリングコンテキスト

エンジニアリングコンテキスト

デザインシンキングによる人間を中心にとらえた観察力と本質を追求した物語が込められた価値創造プロセスを実践します。

教育全体で育成する9つのコンピテンシー(行動特性)

全ての科目は、コンピテンシーと明確に関連づけられアクティブラーニングによる魅力的な授業が展開されます。これらを組織的に実践するために、コンピテンシーオーナー制度を導入し、教職員が一丸となって継続的な授業改善に取り組みます。

教育ミッション コンピテンシー
社会に貢献するリーダーとしての
人間力の形成
革新への挑戦
社会的使命感
リーダーとしての高潔
グローバルに活躍できる
コミュニケーション能力の獲得
コラボレーション
多様性とアイデンティティ
心を動かす力
イノベータ-に相応しい
卓越した科学技術力の習得
価値創出
自然・社会・産業と結びつけた科学的思考
常に学び続ける姿勢
教育全体で育成する9つのコンピテンシー(行動特性)
ルイス・バークスデール Lewis Barksdale

Leaders of Global Innovationを養成

金沢工業高等専門学校校長 ルイス・バークスデール

ルイス・バークスデール Lewis Barksdale

2018年4月1日に開学予定の「国際高等専門学校」は、社会全体が大きく変化する中にあって、新たな価値を創出し活躍できるグローバルイノベーターの輩出を目的にした、全く新しい高等専門学校です。併設校である金沢工業大学と連携し、英語での工学基礎・専門基礎を重視すると共に、世界的工学教育CDIOプロセスを導入した強靭な人間力とリーダーシップ力を育成する高専教育を実施します。先進的な工学教育を実施している金沢工業大学・大学院との一貫教育を実施することで、これからの社会で活躍できる「リーダーの育成」を強力に推進する新たな高等教育システムの構築を目指しています。 さらに、学年が進むにつれて教育環境を変えることで、より複雑な課題に取り組めるようにします。1、2年次を過ごす全寮制の白山麓キャンパスでは、白山麓の豊かな自然の中で、地域社会や産業界とも協力し、持続可能な発展を目指すプロジェクトも取り入れます。3年次のニュージーランド留学、4、5年次の扇が丘キャンパスと、最適な場所で最大の成果を生む教育に尽力します。
国際高専は、国内外から幅広く学生を募集します。グローバルな環境で、様々な刺激を受けながら成長できる舞台です。国際高専のイノベーションにご期待ください。

PAGETOP