完成予想

Be Global! Leaders of Global Innovation 養成教育 15歳から大学院修了までグローバルイノベーターにむけた「共同と共創」による一貫教育

2018年4月、白山キャンパスを開設 1・2年次は白山麓で全寮制、3年次は全員ニュージーランドに1年間留学4・5年次は金沢工業大学と共有するキャンパスで、専門を英語で学ぶそして金沢工業大学編入後は、イノベーション創出に取り組む 2018年4月、白山キャンパスを開設 1・2年次は白山麓で全寮制、3年次は全員ニュージーランドに1年間留学4・5年次は金沢工業大学と共有するキャンパスで、専門を英語で学ぶそして金沢工業大学編入後は、イノベーション創出に取り組む
5+4プロジェクト活動と英語を軸とした一貫教育プログラム
白山キャンパス(白山キャンパス) 学生・教員・スタッフ協同のラーニング・コミュニティー 全寮制 「英語で学ぶ」準備 地域社会や自然環境をテーマとした学習 分野の垣根を越えた課題発見・解決力の育成
ニュージーランド留学 国立オタゴポリテクニクで、数理工の科目を世界各国の学生と共に学ぶ 現地の社会・環境をテーマにしたプロジェクト 現地企業にてインターンシップも可能
扇が丘キャンパス(金沢市・野々市市) 金沢工業大学と連携した広い分野の専門基礎を学ぶ授業はほぼ英語、大学の授業の履修も可能
やつかほリサーチキャンパス(白山市) 産学が連携する高度な研究環境で、学部学科の枠を超えて教員や企業と最先端のプロジェクトに取り組む
白山キャンパス(白山キャンパス) 学生・教員・スタッフ協同のラーニング・コミュニティー 全寮制 「英語で学ぶ」準備 地域社会や自然環境をテーマとした学習 分野の垣根を越えた課題発見・解決力の育成 ニュージーランド留学 国立オタゴポリテクニクで、数理工の科目を世界各国の学生と共に学ぶ 現地の社会・環境をテーマにしたプロジェクト 現地企業にてインターンシップも可能 扇が丘キャンパス(金沢市・野々市市) 金沢工業大学と連携した広い分野の専門基礎を学ぶ授業はほぼ英語、大学の授業の履修も可能 やつかほリサーチキャンパス(白山市) 産学が連携する高度な研究環境で、学部学科の枠を超えて教員や企業と最先端のプロジェクトに取り組む
LEADERS OF GLOBAL INNOVATION 養成のための5+4構想 金沢工業高等専門学校  第7代校長 ルイス・バークスデール

金沢高専並びに金沢工業大学は、共にグローバルに活躍するイノベーターの育成に努めています。グローバルイノベーターとは先進的な工学の知識や洞察力を有するだけではなく、創造的な解決策を用いて、さまざまな分野の専門家や多様な文化・価値観を持つ人々と協働し、グローバル社会において新たな価値を創り出すプロフェッショナルであると私たちは考えます。また、科学やテクノロジーの進化のスピードが速まるなか、ハイレベルの専門技術及び研究開発、並びに学際的分野における活動等の学修経験は、これまで以上に大きな強みになります。

このような進化したグローバルイノベーターを養成するために、金沢高専の5年間に、金沢工業大学3・4年次と大学院修士課程を足した4年間、つまり、5+4の一貫教育プログラムを構築したいと思います。

このプログラムの鍵となる新機軸は以下の通りです。

  1. 高専入学時から継続的にデザインシンキングを実践する機会を設けて、問題を発見・定義する経験を繰り返し、幅広い研究成果や調査技術を駆使し、問題の解決へと結びつける力を養っていく。
  2. 他者と協働しながらアカデミックな探究の精神を養い、批判的思考や分析的思考、そしてディスカッションやディベートを含め、効果的なコミュニケーションのスキルを磨く。
  3. 地域とのふれあいを意識し、地域社会や自然・環境を調査・研究対象としたプロジェクトに取り組む。また、地域貢献を通じて、地域社会の一員としての自覚を深める。
  4. 指導手段として英語を高専入学時から使用し、3年次以降はほとんどの授業を英語で行う。
  5. 異なる国や文化の人々と効果的に協働する体験を、集中的に与える。

さらに、学年が進むにつれ教育環境を変えることで、より複雑な課題に取り組めるようにします。高専1・2年次を白山麓に新設する全寮制の白山キャンパスで学び、3年次は全員がニュージーランド留学、高専4・5年次及び大学3年次は扇が丘キャンパス、大学4年次及び大学院の2年間をやつかほリサーチキャンパスと、最適な場所にて最大の成果を生む教育に尽力します。

進路は、金沢高専卒業と同時に就職する選択ももちろんあります。また国公私立大学や海外の大学などへ進むことも可能です。しかしながら、金沢工業大学3年次に編入することで、学生たちは、上記の5つの特色を持ったプログラムをより高いレベルで学び続けることが可能になります。

1・2年次を過ごす白山キャンパス 日本三名山の一つ自然豊かな白山エリアが学びのフィールド 1・2年次を過ごす白山キャンパス 日本三名山の一つ自然豊かな白山エリアが学びのフィールド

豊かな自然環境の下、学生と教員が寝食を共にし、思いやりの心、リーダーシップ、アイデンティティなどを育みます。また、短期プロジェクトなどを目的に来訪する海外からの留学生と一緒にプロジェクト活動を行います。

全寮制で学ぶ
少人数教育の実施

グローバルイノベーターの基礎力養成を目的に、徹底した少人数教育を行います。入学定員は90名(男女共学)を予定。

地域の生きたプロジェクトに取り組む

白山キャンパスを起点として地域の生きた課題に取り組みます。白山麓の豊かな自然を守りながら、持続可能な発展を行うことを目的に地域との「共同と共創」によるプロジェクトを立ち上げます。
例)小水力発電、バイオマス発電、植物工場など

※教育内容については予定であり、変更となる場合があります。

PAGETOP